注目の記事 PICK UP!

初心者が勝ちやすいのは、バイナリーオプションとFXではどっち?

「初心者が勝ちやすいのは、バイナリーオプションとFXではどっち?」

というもの。

結論から言うと同じだと思います。

もちろん、トレードする環境(特に時間)によってはバイナリーオプションが勝ちやすかったりFXが勝ちやすかったりするのですが、、、、


ただですね、バイナリーにしてもFXにしても結局は上がるか下がるかの丁半博打です。

そう、丁半博打でも、なるべく確率が高そうなところでエントリーし何十回、何百回のトータルで勝ち越すので、その考え方をしないとバイナリーにしてもFXにしてもどちらが勝ちやすいという以前にどちらも負けてしまうことになってしまいます。

これからお話しする内容はバイナリーにしてもFXにしてもルールをちゃんと守ること前提でお話ししますのでよろしくお願いいたします。

ルールを守る!

バイナリーオプションに関しては一日3時間やるのなら5トレードまで。

FXに関しては損切の幅と利確の幅を同じにするというルールで考えます。

FX初心者の方にわかりやすく書くと、1万円まで損が膨らんだら「残念!」」って切る、1万円まで利益が伸びたら「ご馳走様!」って決済するってことです(もちろん金額は賭け金によって変わります)。

損切りできない人はFXやるとバイナリーよりも負けてしまう!

バイナリーオプションの良いところでもあり、悪いところでもあるのが、、、

「1回のトレードでの損失が決まっている!」

ってこと。

負ければ賭け金全額没収ですもんね。

その点、FXは損失の幅を自分で決められます。

「ヤバそう!」って思えばいつでも決済できるんで損失を限定できます。

でもね、、、、

これがなかなかできるもんじゃないんです。

「もう少しだけ、、もう少しだけ耐える!」

を繰り返し大きな損失を食うんですよね。

また、あまりに早く損切りすると、決済したあと自分のエントリーした方向へガンガン進んでいくなんてこともしょっちゅうあって悔しい思いをしたり、あまりに少ない損切幅だとあっという間に損切になってしまい、負ける回数が凄く増えてしまったりします。

「あと、ちょっとだけ耐えれば勝っていた!」

なんてことはFXで本当によくあることなんです。

FXでですね、まだ決済してないけど損が出てる時の損失を「含み損」っていうんですけど、含み損をどこまで抱えるかがFXの難しいところです。

損切りと利確の幅を同じにしてバイナリーオプション的にFXをやる!

FXでですね、「損切り幅」と「利益幅」を同じにしてやることを僕はお薦めしているのですが、あくまでね、これはスキャルピングをやるときのことなんです。

FXの基本は損少利大のトレードです。

トレンドに乗って長く持つやり方だったら、「ここを抜けたのだからもっと長く持ってみよう」的に利益はどこまでも伸ばそうとした方がいい。

また、損切りは「ここを抜けてしまったのだから切ろう」的になるべく損失を抑えようとした方がいいです。

でも、僕がやってる超短期的なトレードであるスキャルピングだとそうはいかない。

特に僕の場合逆張りなんで、いいところで決済しないと急にトレンド方向に進みだして、あれよあれよとマイナスポジションになってしまう。

だからですね、最初から利益のPIPS決めておいてそこまで来たらサクっと決済しちゃうんです。

逆張りはですね、粘っていいことがあまりないんですよ。

もちろん自分がエントリーしたところがトレンド転換のポイントだったりすることもよくあるんで、「持っときゃ100PIPSかぁ~!」なんて悔しい思いをすることもあるんです。

でも、それって逆もあるわけですから割り切ってサクっと決済するんです。

例えばドル円だったら、その日のボラ(値幅・動き)にもよるんですけど、だいたい10PIPSで決済、10PIPSで損切りって感じでやってます。

PIPSって書くと難しく感じる方もいるかもしれないんですが、僕はだいたい10万通貨でやって10PIPS負けると1万円の損失、勝つと1万円の利益って感じでやってます。

最初からですね、バイナリーオプションみたいに損失と利益の額を決めちゃってるんです。

FXにはスプレッドがある。

国内FX業者のように狭いスプレッドじゃなくて、XMのような海外FX業者はスプレッドが広いです。

ドル円だと国内0.3PIPS、海外だと1.7PIPSくらいになります。

このスプレッドがですね、損切り幅と利益幅を同じにするとトレーダーに不利に働いてくるんです。

トレードをやればやるほどです。

「じゃぁ、なんでわざわざ海外業者でやるの?」

と思われる方もいると思いますが、そのことを書くとまたいろいろ言われそうなんでやめときます。

(簡単にだけ書くと、潤沢な資金がある人は国内、少資金で夢を掴みたい人は海外がいいと思います。)

バイナリーオプションでも1万円の賭け金で勝っても8千円くらいしかリターンがないですよね。

このバイナリーオプションの差額2千円がFXのスプレッドだと思ってください。

このトレーダーに不利な条件がる限り勝率が6割以上ないと負けていってしまうんです。

だからバイナリーもFXも勝率に拘る必要があるんですよね。

色んな相場でチャンスがあるのはバイナリーオプション!

FXはですね、自分がエントリーしたところから決済したところまでの値幅が利益になるんで、大きく動いてる相場でないと勝ちにくいというところがあります。

その点、バイナリーオプションは少ししか動かないクソ相場でも0.1PIPSでも勝ちは勝ちなんでチャンスが多いと言えます。

ただですね、結局勝ちやすいエントリーポイントっていうのはバイナリーでも大きく動いた後だったりするんで、チャンスはほぼ同じくらいかな?って僕は思います。

考えてもみれば、僕のFXでのスキャルピングはエントリーポイントがバイナリーとほぼ同じなんですよ。

だったら、エントリータイミングがめちゃめちゃシビアなバイナリーオプションよりFXの方がいいかなぁ~なんて思うわけです。

それと、、、例の、、、、

「クソー、約定しね~! 勝ってたのに~!」

ってのがXMとかだとないですからね。

熱くなりがちなのはバイナリーオプション!

連敗が続き、「エ~い、全部いってしまえ~!」なんてトレードしたことないですか?

僕もね、以前はありましたよ、え~、そりゃトコトンやりました。

これね、結局口座残高すっ飛ばして終わりますよね。

僕はバイナリーもFXも両方やっていますが、この「やけくそ状態」に陥りやすいのは圧倒的にバイナリーオプションだと思います。

FXは判定時間がないから損してるポジションを切れないってだけで、新たにポジションを持つことさえしなければ残高を吹っ飛ばすってことはそんなにない気がします(無茶なロットでやってなければですが)。

人によるかもしれませんが、メンタル的にきついのは間違いなくバイナリーオプションだと思いますよ。

ただ、勝った時の爽快感は間違いなくバイナリーの方がありますね。

FXは勝っても、「あっ、もうちょっと粘ってればもっと稼げてた、、、。」なんてことがほとんどなんで、、、

かといって粘っていいことってあまりないし、、、。

結局、バイナリーオプションとFXどっちがいいの?

僕的には最近はFXの方がいいかなぁ?って思ってますけど、祝日の東京時間で動かない時なんかは「今日はバイナリーの方が儲けやすい」なんて思う時もしばしばあります。

できればね、相場によって使い分けるのがいいと思います。

大抵の人が平日トレードできる時間は限られていますよね。

相場は自分の都合に合わせてくれないから「さぁ、やるぞ!」って思っても動いてくれなかったりします。

そんな時はバイナリーで、「おぉ~、今日は動いてるなぁ~!」なんて時はFXに集中してみるのがいいかなって思います。

大きく動く相場って(特にポンド系)、レジスタンスラインやサポートラインがたとえ効いたとしても、ちょっとしたノイズがでるでしょ。

そんな時にバイナリーオプションだと判定時間にちょうどノイズでつかまって負けなんてことがあるからFXの方がいいと思うんです。

FXなら戻ってくれれば勝てますからね。

あくまで僕のやり方ですが、バイナリーもFXもエントリーポイントはほぼ同じなんで、あとはボラ見て判断する感じです。

今、バイナリーオプションだけやってる方も、金融庁の締め付けなんかでいつまで海外バイナリー業者があるかわからないので、ぜひFXにも慣れていって欲しいです。

また、FXのみやってる方で動かない相場にイライラしていることが多いならば、ぜひバイナリーオプションもやってみてもらいたいです。

関連記事

  1. バイナリーオプションの仕組み

  2. ハイローオーストラリア、一目均衡表を使う7つの手法

  3. トレンド発生時の順張り

  4. Yバイナリーを一目均衡表で攻略する

  5. 定額戦略と勝率の関係

  6. 初心者でもできる雲が下にある時の2つの攻略パターン

  7. おすすめ証券口座

  8. ハイローオーストラリアの取引方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP