注目の記事 PICK UP!

MT4の導入について1

ハイローをやるうえで、ローソク足のチャート分析は必須です。ですが、ハイロー業者提供のチャートでは分析がしづらかったり、そもそもローソク足が見れなかったりします。そんなときにおすすめなのが、無料のチャートソフトとして最も有名なMT4。今回から数回にわたって、MT4の導入の仕方について解説していきます。

 

メジャーなのには訳がある!使い勝手がいいMT4

MT4は無料で使えるチャートソフトですが、その使い勝手の良さ、カスタマイズ性の高さ、インジケータの豊富さなどで、多くのトレーダーの支持を受けています。チャートソフトにおけるユーザーの多さでは圧倒的でしょう。経験値の高いトレーダーの多くがMT4を使っているので、ハイローに限らず、これからトレードをがんばっていきたいと思っている人は、早めにMT4に慣れておいたほうがいいかもしれません。

ハイローをやるうえでも、ローソク足チャートの分析は必須です。しっかりしたチャート分析をやるためには、ちゃんとしたチャートソフトを使っておくことをおすすめします。MT4っていうと、「本格的すぎてややこしそう」と思うかもしれません。確かに、使い方がちゃんとわかっていないと、ゴチャゴチャしてるなあ、って思うかもしれません。

だけど、ちゃんと設定さえしてしまえば、相場が見えやすくなるのは間違いないです。できるだけいい環境でトレードはするべきです。私がおすすめの画面設定まで説明していくので、最後までついて来てくださいね!

MT4のインストール方法

1.MT4をダウンロード

MT4はいろいろなところでダウンロードできますが、まずは開発元からダウンロードすればいいと思います。開発元からダウンロードする場合は、以下のページにいってください。

MetaQuotes社 MT4ダウンロードページ

英語で書かれているのでちょっとややこしいですが、真ん中にあるオレンジ色のボタン、「Download MetaTrader 4 for PC and open ademo account」と書いているところをクリックしてください。ここからインストールファイルがダウンロードできます。

2.インストール方法

それではインストールです。ダウンロードしたファイルを実行してください。

mt4_01

こだわりのある人は途中で何かいじってもいいですが、基本的には何もいじらずに「次へ」を押して進んでいけばOKです。

mt4_02

インストールしたらMT4が立ち上がります。たぶん、こんなかんじの状態じゃないでしょうか。今はまだ、為替レートを受信していないのでチャートは動いていません。為替レートを受信するために、デモ口座を開設していきます。

3.デモ口座の申請

mt4_07

デモ口座の申請は、左上の「ファイル」から「デモ口座の申請」へ進んで行います。ここをクリックすると、デモ口座を開設できる候補のサーバーが出てくるはずです。任意のサーバーを選んで、次へ進んでいってください。どれでもOKです。よく分からなければ、一番上に表示されたものでいいでしょう。

mt4_03
mt4_04
mt4_05

「新しいデモ口座」を選んで次に進んでいくと、お客様情報入力画面が出てきます。デモ口座なので適当に入力すればOKです。(メールアドレスはフリーアドレスでいいので、使っているものを書いたほうがいいかもしれません。)入力が必須な場所をすべて埋めてから、次へ進んでください。

mt4_06

これでデモ口座の開設が完了です!口座へログインするのに必要な情報が出てくるので、紙にメモしておいてください。必要な情報は以下なので、これは忘れないようにしておきましょう!ちなみに、さきほど入力したメールアドレスに、この情報が送信されてきています。

  • ログインID
  • パスワード
  • サーバー

4.デモ口座にログイン!

それでは、このログイン情報を使って、ログインしてください!チャートが動くようになっています。

mt4_08

さて、動いたのはいいですが、ぶっちゃけこれ見にくいですよね? ちなみに、これはノートPCで標準的な解像度1366×768で表示したときの見え方です。チャートもちっちゃいし、ぶっちゃけめちゃくちゃ見にくい。これを見やすくするためにどう設定すればいいかについては、次回説明していきます。お楽しみに!

関連記事

  1. バイナリーの軍資金が欲しいあなたへ!

  2. みんな結構ライン際で悩んでいる

  3. 取引に役立つ外部サイトまとめ

  4. ハイローの戦略

  5. バイナリーオプションの海外業者を利用することは違法なのか?

  6. ハイローオーストラリアでビットコインが使えます!

  7. ハイローオーストラリア、 デモトレードの手順

  8. 定額戦略と勝率の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP