注目の記事 PICK UP!

MT4の導入について2

前回、MT4をインストールしてチャートが動くようになるところまで説明しました。だけど、インストール直後はチャートもちっちゃいし、ゴチャゴチャして見にくくないですか? さあ、これを見やすくなるように変えていきましょう。

必要ない情報は消してしまおう

まず初めに、ハイローをやるうえで、MT4に求められる情報というのは何でしょうか?

当たり前と思われるかもしれませんが、チャートですよね。それ以外の情報は全部不要!インストール直後のチャートには、その不要な情報がたくさん出てきていて、チャートがちっちゃくなっちゃってるんですね。

「それを全部排除してしちゃえ!」っていうのが、基本的な考え方です。シンプルでしょ? まずは、分かりやすくするために、チャートも含めて、一回すべてのウィンドウを全部消しちゃいましょう。

mt4_09

それでは、ここに必要なチャートを入れていきましょう。管理人は4つのチャートを同時に見るようにしています。ユーロドルの長期用と短期用、ドル円の長期用と短期用。ここは人の好みですね。2つでもいいです。6つだとちょっと狭くなっちゃう気はしますが。必要なチャートを入れていってください。

チャートは左上の「ファイル」から「新規チャート」選んでから、追加したい通貨ペアをクリックすることで出すことができます。必要な数だけチャートを出したら、整列ボタンで整列させましょう

mt4_10

ちなみに、出したチャートの通貨ペアを変えたいというときは、「表示」から「気配値表示」のウインドウを立ち上げてください。気配値表示ウインドウから、変えたい通貨ペアをドラッグ&ドロップでチャートに持っていけば、その通貨ペアがチャートに表示されます。

mt4_11

表示領域を広くする工夫

これでもある程度すでに見れる状態ですが、まだ見やすくすることが可能です。チャートの表示領域がちょっと広がるだけで、チャートはけっこう見やすくなるものなんです。簡単にできるチャート領域を広げる方法を4つ紹介します。これだけで、さらに見やすくなるはずです。

ツールバーを調整する

ツールバーには、ワンクリックでいろんな操作ができるボタンを並べることができます。非常に便利ではあるんですが、チャート表示スペースを狭くする要因にもなっています。

しかも、デフォルトだとこのツールバーが2列になってるんですよね。これを1列にするだけで、けっこうな表示スペースを確保することが可能です。簡単にドラッグアンドドロップで1列にできるので、このぐらいはやっておくといいと思います。

mt4_12

また、それぞれのツールバーに表示するボタンは、ツールバー上で右クリックすることで変更が可能です。不要なボタンを減らしていくことで、よりスムーズに操作できるので、一度調整しておくことをおすすめします。

mt4_13

チャートバーを消す

チャートバーは複数のチャートを出した時に出てくる、どんなチャートを出しているかを教えてくれるタブです。このタブがあれば、チャートを全画面表示していてもワンクリックでチャートを切り替えることができます 。

ですが、僕は普段からチャートを4枚を分割表示しているので、このタブは意味がありません。僕のようにタブが必要ないという人は、このチャートバーは非表示にしておくといいでしょう。

メニューの「表示」からチャートバーのチェックを外すと非表示になります。

mt4_14

ステータスバーを消す

ステータスバーというのは、MT4の一番下に表示されているステータスを教えてくれるバーです。このバーは、例えば、回線がつながってるかどうかということを教えてくれますが、正直なところ役に立つ場面は限られてきます。チャートのスペースを狭くするだけのものなので、これは消すことをおすすめします。

メニューの「表示」から、ステータスバーのチェックを外すことで簡単に非表示にできます。

mt4_15

ツールバーを外に出す

ちなみに、ここまでやるのは趣味の世界ですが、ツールバーを消してしまったり、別ウインドウにして外に出すことも可能です。「ツールバーはそこまで使わない」というのであれば、必要最低限のものだけをウインドウ化して、残りは非表示にするとよいでしょう。

ツールバーの非表示は、メニューの「表示」から「ツールバー」へと進んで、それぞれの項目のチェックを外してください。ツールバーのウインドウ化は、各ツールバーの左端のところをドラッグ&ドロップで外に出すことで可能です。

mt4_16

ここまでやると、下のような状態になりました!だいぶ見えやすくなったでしょう?

mt4_17

チャートを見やすくする!

ここまでやれば、ベースは出来上がったので、あとは自由にやっていけばいいと思います。一応、参考までに、管理人だったらどうするかという設定を、ザックリ説明していきます。好みがあると思うので、触りながら自分に合った設定を見つけていってくださいね!

ローソク足に変更

デフォルトでは鍵足表示になっていると思います。僕たち日本人はローソク足に慣れている人が多いと思うので、チャートは慣れているローソク足に変えておきましょう。

チャート画面を右クリックで「プロパティ」を選んで「全般タブ」からローソク足を選ぶと、チャートがローソク足表示になります。

mt4_18

ちなみに、「ローソク足を選んだのに、ローソク足表示にならないぞ!」という方は、チャート表示を小さくしすぎている可能性があります。ツールバーの「+」を押すか、チャート横軸をクリック長押しでスライドさせることで、チャート表示を大きくすると、ローソク足表示になると思うので、試してみてください。私がMT4使い始めの頃、これで悩んだのを覚えていたので(笑)。

mt4_19

チャートの右端移動

デフォルトの状態だと、チャートウインドウの右端までチャートが伸びていて、ちょっと見にくい状態だと思います。「これからチャートがどう動いていくんだろう」と想像をふくらませるには、チャートの右端に空白の空間があったほうがいいんですよね。この空白にこれからの動きを思い描くことができるんですよね。

ということで、右端の空白はあったほうがいいと思うんですが、チャート画面を右クリックして「プロパティ」で「全般タブ」から、「チャートの右端移動」をチェックすることで、チャート右側に空白を作ることができます。

ちなみに、この選択をするとチャートの上部に、小さいですがグレーの▼が出てきます。この▼をドラッグすることで、空白の広さを調節することも可能です。

mt4_20

インジケーター追加とチャートを前面に表示

チャートなので、みなさんのお気に入りのテクニカルを入れておきたいですよね。メニューの「挿入」から「インジケーター」に行って、お好みのテクニカルを追加することができます。下は一目均衡表を追加したところです。

mt4_21

されと、個人的におすすめなことを最後に1つ。例えば一目均衡表なんかをチャートに表示した場合、ローソク足のほうがテクニカルに隠れて見えにくくなることがあります。これを防ぐために、チャートが前面に表示されるように設定しておくことをおすすめします。例によってチャート画面を右クリックで「プロパティ」から「全般タブ」のところに行って、設定をすることができます。

mt4_22

必要ない情報は消してしまおう

ということで、僕なりのMT4のチャートの設定について簡単に解説してみました。このぐらいやれば、ひと通りは快適にチャート監視ができるようになるんじゃないかと思います。あとは、いろいろと自分で触りながら、より自分に合った形にカスタマイズしていってみてくださいね。

ハイローをやるうえで、ローソク足のチャートを見ることによって、より大局的な分析ができるようになるのは間違いありません。これは勝率にも確実に影響してきます。まだ、Tickチャートだけでやっているという方は、ぜひMT4チャートの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. バイナリーオプション業者とのトラブル

  2. ハイローオーストラリアで商材は役に立つのか ①

  3. バイナリーで連敗時の対処方法

  4. ハイローオーストラリアで商材は役に立つのか ②

  5. バイナリーオプションの仕組み

  6. トレード200 ヒゲ攻略法

  7. 資金管理の種類

  8. オプションビット 一目均衡表と5分足で攻略

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP