注目の記事 PICK UP!

連敗を減らす為の間を空けるべき5つの局面!

ハイローで一番はまりやすいのが、連敗街道に突っ込んでしまうという状況です。「なぜか連敗が止まらない!」、「勝てる気がしなくなってくる」っていう経験がある人はけっこう多いんじゃないでしょうか? これは、相場にある程度慣れている中級者に意外と多いんです。でも、ちょっと意識するだけで回避できる連敗がほとんど。そんなコツみたいなものを紹介します。

 

どうして負けやすいときに勝負しちゃうのか?

renpai5kyokumen_1

ハイローで連敗をしてしまうパターンの多くが、何かのキッカケで熱くなってしまって取引が冷静でなくなってしまうことが原因です。1つ間を置くことで避けられたはずの連敗取引がなかったか、振り返ってみてください。思い当たるところがある人は多いんじゃないでしょうか。どうしてそんな冷静でない取引をやってしまうのか? ハイロー特有の理由があります。

それは、ハイローは適当なエントリーをしても、半分は勝ててしまうからです。

つまり、冷静でない取引をしたとしても、負けをすぐに取り返せてしまう可能性がけっこう高いんです。そして、一度そのやり方で取り戻したことがあると、その成功体験が冷静でない取引を助長させてしまいます。

ただし、何度か助かったとしても、そういう取引を続けているといつか必ず連敗街道にぶち当たります。そして、連敗街道の先に待っているのが資金ゼロ。これがハイローの落とし穴です。今回は勝てるかもしれませんが、冷静でないときの取引は避けておいたほうがいいんです。

ただ、熱くなったときにはついつい突っ込んでいっちゃうもの。それを避けるためには、あらかじめどんなときに熱くなっちゃうのか、頭に入れておくことが大事です。あえて間を空けておいたほうがいいという局面を、意識しておきましょう!

熱くなっちゃいやすい5つの局面

◆ 読みが当たっているのに短期的なノイズでやられたとき

エントリーするときには、どういった値動きをするのかという読みがあると思います。そういった大まかな読みが当たっていたのに、「なにこれ?」って感じの短期的なノイズで、負けちゃうようなことがあります。

短期のハイローだとどうしてもこれは避けられませんね。こういったとき、カッとなって短絡的に次のエントリーをしちゃいませんか?

◆ 自分の読みと逆に動き続けるようなとき

今度は逆に自分の読みと正反対に動き続けるようなときです。自分の相場観に自信がある人ほど多いですが、普段の読みが当たっているだけに逆行が続くと熱くなりやすいです。

そうなると、しつこく食い下がってポジションを取り続けて、気づけば負けが込んでたなんてことも。今日の相場が自分に合ってないなと思ったら、いったん休むのが賢明です。

◆ 長い連勝が続いたあとに負けたとき

連勝が続く絶好調のときってありますよね。10連勝の大台にいくと、「おれ、すごいんじゃね?」っていう気分。気が大きくなりがちです。

そんなときは要注意。相場が変わって、今の手法がはまらなくなって連敗してもなかなか止められなくなってしまうことがあります。自信があるだけにポンポンと早いテンポで入っていくと、アッという間に儲けが消えてしまいます。

◆ すべりが原因で負けたとき

ハイローではすべることがあります。特に相場が早い動きをしているときなどは、思わぬすべりに直面することがあります。こういうときに、そのすべりが原因で負けたときは危険です。

「すべりがなければ勝ってたのに!」とカッとなってしまい、負け分を取り返さないと気が済まないという気持ちになりがちです。この取り返したいという気持ちは、ハイローではめちゃくちゃ危険。くやしいですけど、いったん落ち着いたほうがいいでしょう。

◆ マーチンが崩壊したとき

マーチン使いの人に特化した話ですが、マーチンが崩壊した直後はものすごく取り返したい気持ちが燃え上がりやすいものです。

マーチンが崩壊したということは、相場が自分に合っていないということ。そんな状況のなか追加入金をして、取り返すためにテンポの早い取引を行うのは自殺行為。もう一度、崩壊する可能性がとても高いんです。

相場は逃げません!次のチャンスまで、いったん休憩を

renpai5kyokumen_2

いかがでしたでしょうか? 「あー、そういうのあったよな」と、思い当たるところがあった人も多いんじゃないでしょうか。ハイローは熱くならないようにすることが大事。取引をするときは、上記の5つの局面を頭に入れておいて、そういう局面が来たらチャートを閉じて間を空けてみる

そうすることで、無駄な負けを大きく減らすことができることでしょう。

相場はまた明日もやってきます。勝ちにくいところでわざわざ勝負をする必要はないんです。次に自分に合った相場が来たときまで待っても遅くないんです。そういう気持ちの余裕を持ってやっていきましょう!

関連記事

  1. FXスキャルパーにハイローをすすめる4つの理由

  2. バイナリー 重要ラインを見極める

  3. ハイローオーストラリア 一目均衡表と5分足で攻略 2

  4. ハイローオーストラリア、 デモトレードの手順

  5. 相場の波を理解する

  6. ハイローの戦略

  7. ハイローオーストラリアの出金方法

  8. トレンド発生時の順張り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP