注目の記事 PICK UP!

判定スパンとペイアウト率の関係

意外と気づいていない人もいるかもしれませんが、ハイローをやる際には判定時間が短いよりも長いほうがペイアウト率が高くなってくる場合が多いです。この性質を使ってうまく取引をしていきましょう。

ペイアウト率を高くできる締め切り時間を意識する

今のハイロー業者ではどんどん判定時間を短くしていっている傾向が強まっており、5分や15分はもちろん、判定時間が1分でやってくるものなどもあります。判定時間が短いほうが予想もしやすいので取引はやりやすいのですが、同じ業者を使っていても判定時間が短いものは、判定時間が長いものに比べてペイアウト率が低く設定されている場合が多いです。予想がしやすくなるので当然といえば当然のことでしょう。

しかし、判定時間の長いものでもかなり判定時間に近いタイミングで購入することが可能な場合が多いのです。例えば、1時間のハイローでも判定時間の5分前まで購入が可能だったりします。そして、5分のハイローと1時間のハイローの判定時間がどう時間のこともよくあります。しかし、ペイアウト率は1時間のハイローのほうが高いというようなことがあるわけです。この場合、5分のハイローをやっているとちょっともったいないと言えるでしょう。

どのくらいペイアウト率が変わってくるか

ハイローオーストラリアがペイアウト率固定で分かりやすいので、ハイローオーストラリアのドル円を例に判定時間の長さとペイアウト率の違いをまとめてみます。ハイローオーストラリアでは15分、1時間、1日の3種類の期間のハイローがあります。そして、それぞれ、ペイアウト率は順に1.80、1.85、1.90となっています。地味かもしれませんが、ペイアウト率は高いに越したことはありません。しかも、何のリスクも増やすことなくペイアウト率を高くできるので、これを使わない理由はないでしょう。

PR:オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で! 

長いハイローの判定時間をチェックしておく

つまり、短いスパンのハイローをやっている人でも長いスパンのハイローの判定時間がいつ来るのかというのは頭に入れておくと少しお得な取引をできる可能性があるというわけです。自分は短期専門だからノーチェックというのではなく、このように色々な種類のハイローの取引条件を確認しておくと意外な発見があるかもしれません。色々なハイローを試してみて、いい条件、自分にあった条件のものを選んでみるのもいいかもしれません。

関連記事

  1. バイナリーオプションの海外業者を利用することは違法なのか?

  2. ハイローの戦略

  3. 資金管理の種類

  4. バイナリーで連敗時の対処方法

  5. 初心者でもできる雲が下にある時の2つの攻略パターン

  6. Yバイナリーを一目均衡表で攻略する

  7. ハイローオーストラリアで逆張りトレード

  8. ハイローオーストラリア 一目均衡表と5分足で攻略 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP