注目の記事 PICK UP!

倍プッシュ戦略と勝率の関係

倍プッシュ戦略は買った場合に、ペイアウト分全てを次回の投入金額する資金管理です。成功する可能性は低くなりますが、リターンはかなり高くなります。使いどころを間違えなければ意外と使える手法です。

 

4連勝すれば投入金額の10倍のペイアウト

倍プッシュ戦略は連勝すれば一気に資金が増えます。ペイアウト率1.8の場合、2連勝で3.2倍、3連勝すると5.8倍、4連勝すると10.5倍になります。あっという間に投入金額が増えるので、仮に軍資金の10分の1の投入金額を使うとして、4連勝すれば軍資金が一気に2倍になる計算です。
ただ、この方法は成功率がかなり低いです。勝率6割の場合、2連勝する確率は36.00%、3連勝する確率は21.60%、4連勝する確率は12.96%です。まず、成功しないといってよいでしょう。倍プッシュ戦略を常日頃から使うのは少し無理があるといえるでしょう。

使えそうなときは8割勝てると思える局面

ちなみに勝率8割の場合の連勝する確率を確認してみましょう。この場合、2連勝する確率は64.00%、3連勝する確率は51.20%、4連勝する確率は40.96%です。これを見てみると4割の確率で資金が10倍となるというわけです。ここまでくるとかなり有効そうな手法に見えてきます。もし、自分の手法をデータ分析してみてこの局面なら勝率8割は超えるだろう、というものがあれば倍プッシュ戦略を使える、と言えるでしょう。
巷では結構勝率8割いけるといっている情報商材も多いようです。真偽のほどは定かではありませんが、本当に勝率8割が達成できるのなら、間違いなく倍プッシュ戦略を取るべきでしょう。

連勝は意外に続くもの

ちなみに勝率6割の人でも経験することがあると思うのが、なぜだか連勝が続くという局面です。ハイローでは意外と勝ちだすと連勝が続くことがあります。私見ですが、相場の波が原因していると思っています。相場は状況によっては同じパターンで動く時間が長く続くことがあります。一番分かりやすいのがレンジヨコヨコの相場で、為替取引をやっているともうずっとヨコヨコだよー、と思ったことがある人は多いと思います。また、ジリ上げやジリ下げがずっと続くような流れも見たことがあると思います。こういった同じパターンで動く相場に自分の手法がハマった場合、連勝がかなり続くんだと思います。
こういったタイミングを見極めることができたら意外と倍プッシュ戦略は使えたりすることがある、というわけです。

倍プッシュ戦略を使うときに守りたいこと

偶然にもいいタイミングが来たとして倍プッシュ戦略を使うことにした場合、以下のことに注意しましょう。

投入金額は控えめに

倍プッシュ戦略を使うと決めるときは相当勝てる自信があるときなので、ついつい投入金額を多くしがちです。しかし、倍プッシュ戦略はいくら勝率が高くても成功率は下がってしまうものです。そのため、負けても大丈夫な投入金額に抑えておくことが吉でしょう。

負けたらすぐにあきらめるメンタルを

相当勝てる自信があるときに負けてしまうと、「今度こそは!」と熱くなりがちです。しかし、熱くならないで負けた理由を落ち着いて分析しないといけません。もしかすると、勝てる自信の根拠となっていた同じパターンで動く相場に変化があった可能性もあります。もしそうだとすると、同じパターンで動く相場だから勝てていたという根拠が崩れてしまいます。そういうときは冷静に退散しましょう。

目標連勝数は事前に決めておく

連勝が続くと気が大きくなりがちで、ついついもう一勝負いこうとかんがえてしまうかもしれません。しかし、いつかは連勝は途切れてしまうものです。きちんと事前に何連勝したら終わりにするとゴールを明確に決めておいたほうが良いでしょう。

この戦略は普通にやっているときには使うことのない資金管理手法ですが、タイミングを選んで使えば大きな効果を発揮します。自信があるときにプレッシャーにならない投入金額をつかって大きな利益をあげてください。

関連記事

  1. ハイローオーストラリアの取引画面の説明

  2. バイナリーオプションの海外業者を利用することは違法なのか?

  3. 定額戦略と勝率の関係

  4. 時間帯別相場の動き

  5. オプションビット 一目均衡表と5分足で攻略

  6. ハイローオーストラリアのペイアウトが向上?!

  7. ハイローの戦略

  8. 判定スパンとペイアウト率の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP